講師紹介

katsura_bunkshi
講師派遣について問い合わせる

かつら ぶんし

桂 文枝

落語家

演題:「笑いはこころのビタミン剤」

1943年生まれ、大阪府堺市出身。
1966年、関西大学在学中に、桂小文枝(故・五代目桂文枝)に入門。67年、ラジオの深夜番組に出演し、若者に圧倒的な支持を得る。69年にテレビの司会に抜擢されてから、数々のレギュラー番組を担当。81年、「創作落語」を定期的に発表するグループ・落語現在派を旗揚げし、現在までに230作以上の作品を発表。二度の文化庁芸術祭大賞、芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞し、2003年第6代目の上方落語協会会長に就任。また06年秋には紫綬褒章を受章、07年には菊池寛賞を受賞した。12年上方落語界の大名跡である文枝の六代目を襲名。大阪の文化振興に貢献したことにより大阪文化賞特別賞を受賞し、秋の園遊会に招待された。そのほか国内外で独演会や講演会を開催するかたわら、18人もの落語家や、タレン ト・俳優の育成に励み、また俳優・劇作家としての仕事や、大学で特別講義を担当するなど教育・文化活動にも力を注いでいる。

講演ジャンル「文化・芸能」の講師紹介

ページトップ