講師紹介

hatano_yoshio
講師派遣について問い合わせる

はたの よしお

波多野 敬雄

学習院長 元国連大使

演題:「日本の常識・世界の非常識」
「最近の国際情勢と日本の進路」

外交官としての国際経験を踏まえ、日本が世界からどのように評価されているのかを紹介。国際化の中では、英語力以上に大切なのが自分で意見を持ち提案できること、と説く。経験に裏打ちされた説得力ある内容。
ジュネーブ在勤の大使時代にウルグアイ・ラウンド世界貿易交渉を担当し、国連大使時代の1993年には国連安保理議長として、カンボジア紛争を解決し、ユーゴスラビア問題の拡大防止に努める。日本の常任理事国入りのため努力中。
1932年東京都出身。学習院高等科卒業。東京大学法学部在学中に外交官領事官試験に合格し中途退学、53年外務省入省。プリンストン大学卒業。人事課長、総務課長、駐米公使、中近東アフリカ局長、外務報道官(同時に昭和天皇への御進講役)を経て87年からジュネーブ国際機関日本政府代表部大使。90年から国連日本政府代表部大使を務め93年には安保理議長、94年帰国。同年フォーリン・プレスセンター理事長、03年から06年まで学習院女子大学学長。同年6月から学習院長。
その他の演題=「国連から見た日本」「日本人の国際性」「これからの国際交流」

講演ジャンル「国際・外交」の講師紹介

ページトップ