講師紹介

katada_toshitaka
講師派遣について問い合わせる

かただ としたか

片田 敏孝

群馬大学広域首都圏防災研究センター長・大学院教授

演題:「大震災からの命の守り方」
「人はなぜ逃げないのか〜今求められる命を守るための防災〜」

3.11東日本大震災でのNHKなど各局でのコメントは、歯に絹を着せぬ辛口の、しかも終始正確なコメンテーターとして注目を集めた。
2003年から三陸地方で津波防災対策の活動と小中学校での防災教育を一貫して行い、2011年3月11日の東日本大震災の巨大津波から、釜石市の99.8%の子どもを救った教授として注目を浴びる。話題になった、多くの中学生が小学校低学年の子どもの手を引き、高台に逃げる光景は、普段からの片田教授の防災教育が結実したものだった。
1960年、岐阜県生まれ。豊橋技術科学大学大学院博士課程修了後、東海総合研究所、岐阜大学工学部を経て、群馬 大学工学部へ(改組により、現在は群馬大学大学院工学研究科)。主な研究分野は、災害社会工学、公共経済学、地域計画学など。文部科学大臣表彰科学技術 賞、国際自然災害学会賞、土木学会論文賞などを受賞。

テーマ別ジャンル  

講演ジャンル「社会」の講師紹介

ページトップ