講師紹介

satonaka_machiko
講師派遣について問い合わせる

さとなか まちこ

里中 満智子

漫画家・大阪芸術大学教授

演題:「歴史を楽しむ 万葉集の楽しみ方」
「教育について 夢を実現する力・21世紀の教育・私を育てた教師の一言」

45年以上に渡り400タイトルを超える作品を描き、子どもからお年寄りまで幅広いファンを持つ女性漫画家。大阪市出身。
歴史を扱った作品も多く、持統天皇を主人公にした「天上の虹」は、すでに20年以上の執筆。代表作にはほかに「アリエスの乙女たち」「あかね雲」「海のオーロラ」「愛人たち」「マンガギリシア神話」「マンガ名作オペラ」「旧約聖書」など多数。創作活動以外でも多彩な社会活動を積極的に行っており、学識経験者・文化人として、外務省国際漫画省審査委員長をはじめ、文化庁文化審議会著作権文化委員会委員、(社)日本漫画家協会常務理事などを務めている。一方、現在は大阪芸術大学キャラクター造形学科科長・教授として、後進の指導にも当たっている。「男女共同参画」「教育」をテーマにした講演にも定評がある。
その他の演題=「自分らしく生きる 仕事を通じて考えた事、感じた事、たまたま女」

テーマ別ジャンル

講演ジャンル「文化・芸能「社会」の講師紹介

ページトップ