講師紹介

matsuse_manabu
講師派遣について問い合わせる

まつせ まなぶ

松瀬 学

ノンフィクションライター、スポーツジャーナリスト

演題:「スポーツのチカラ~東京五輪パラリンピックとラグビーW杯招致」
「2020年東京五輪パラリンピック」

オリンピック密着取材を得意とし、夏季五輪は1988年ソウル大会から92年バルセロナ大会、96年アトランタ大会、2000年シドニー大会、04年アテネ大会、08年北京大会、12年ロンドン大会を現場で取材。特に2013年8月のリオデジャネイロでのIOC総会では、時事通信社の特派通信員の1人として、2020年東京五輪決定までの舞台裏を徹底取材。
東京開催決定までの足跡をあますところなく取材した唯一のジャーナリストが語る、2020年東京五輪決定とオリンピック感動秘話の数々。
1960年生まれ。ノンフィクションライター。元共同通信記者。『汚れた金メダルー中国ドーピング疑惑を追う』(文藝春秋)でミズノスポーツライター賞受 賞。著書に『五輪ボイコットー幻のモスクワ、28年目の証言』『早稲田ラグビー再生プロジェクト』(ともに新潮社)『匠道~イチローのグラブ、松井のバットを創る職人たち』(講談社)『負げねっすよ、釜石』(光文社)『東京スカイツリー物語』(KKベストセラーズ)など。

講演ジャンル「スポーツ「社会」の講師紹介

ページトップ