講師紹介

kin_tetsuhiko
講師派遣について問い合わせる

きん てつひこ

金 哲彦

プロランニングコーチ  駅伝・マラソン解説者

演題:『「走る意味」〜命を救うランニング〜』
「箱根駅伝にみる指導者のマネジメント術」 

有森裕子などオリンピック選手から市民ランナーまで、幅広い層より厚い信望を集めるプロ・ランニングコーチ。テレビやラジオの駅伝・マラソン中継の解説者としても活躍するほか、雑誌のランニング特集に “走りのカリスマ”として登場する同氏が語る、感動のランニング健康法。
中学から陸上競技を始め、早稲田大学入学後、無名ながら1年生で箱根駅伝での5区に抜擢され驚異的な走りをみせた。以降、1985年には同区間で新記録を樹立、早稲田の2連覇に貢献し「山のぼりの木下」の異名をとる。1986年リクルートに入社後、ランニングクラブを創設。マラソンでは、1987年別大マラソン3位。1989年東京国際マラソン3位など選手として活躍後、1992年に小出義雄監督率いる同クラブのコーチとなり有森裕子など、数々のオリンピック選手を指導した。1995年監督に就任。
2002年NPO法 人ニッポンランナーズを創設。理事長として新しいスポーツ文化の構想を推進している。
主な著書=『走る意味—命を救うランニング』 (講談社現代新書)、『金哲彦のマラソンレース必勝法42』(実業之日本社)

テーマ別ジャンル

講演ジャンル「スポーツ」の講師紹介

ページトップ