講師紹介

講師派遣について問い合わせる

ためすえ だい

為末 大

400m ハードル日本記録保持者、アスリートソサイエティ代表理事

演題:「世界で戦うとは~侍ハードラーのモチベーション向上術~」

法政大学を経て、大阪ガスに入社。中学時代から全日本選手権の短距離で優勝するなどして活躍。社会人になってからも2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲得。さらに、大阪ガス退社後の05年ヘルシンキ世界選手権で初めて日本人が世界大会トラック種目で2度メダルを獲得するという快挙を達成した。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3大会に出場。12年6月、大阪で行われた日本陸上競技選手権大会を最後に25年間の現役生活に終止符を打った。『侍ハードラー』の異名で知られ、未だに破られていない男子400mハードルの日本記録保持者(01年エドモントン世界選手権47秒89)。

講演ジャンル「スポーツ」の講師紹介

ページトップ