講師紹介

sasano_takashi
講師派遣について問い合わせる

ささの たかし

笹野 高史

俳優

演題:「私の役者人生」
「待機晩成~日本一の脇役が語る人生の美学」

コミカルな役からシリアスな役までをこなす俳優として「日本アカデミー賞を受賞した日本一の名脇役」として名高い。
日本大学芸術学部映画学科在学中、劇団「自由劇場」に裏方として入団。その後、1年半の船乗り生活を経て、再び俳優として劇団へ。舞台「上海バンスキング」のトランペット吹き・バクマツ役で注目される。81年に同劇団を退団後は、座友として舞台に立つかたわら、映画、テレビで個性派俳優として活躍するようになる。
2006年、映画「武士の一分」にて日本アカデミー賞助演男優賞を受賞するなど、数多くの映画賞を受賞。テレビ・映画・舞台で幅広く活躍中で、大河ドラマ「天地人」での豊臣秀吉役や映画「釣りバカ日誌1~20」「武士の一分」、、第81回アカデミー賞外国語映画賞[受賞作「おくりびと」等多数に出演。講演では、ワンシーン役者から主役になるまでの苦労話、人との出会いや家族の大切さ、これまでの役者人生で培った経験などを熱く語りながら「会場を終始笑いの渦に巻き込む名講演」と評価が高い。

講演ジャンル「文化・芸能」の講師紹介

ページトップ